行政書士と交通事故

大澤 泰弘初めまして。行政書士の大澤泰弘と申します。

私が行政書士として行っている主な業務は、『交通事故後遺障等級認定手続き』というものです。
この言葉を聞いたことがある方は多くはないかもしれません。
そもそも行政書士と交通事故って関係あるの?と疑問に思う方が多いと思います。
そこで、行政書士がどのように交通事故に関わっていくのか、行政書士の役割は何なのかなど、広く交通事故というものについて書いてみたいと思います。
(交通事故への関わり方について、他士業はもとより同じ行政書士の中でも色々な考え方があります。このコラムの内容はあくまでも私の考えです。)

行政書士が行う交通事故業務としては、事故現場調査、自賠責保険金請求書類作成、後遺障害等級認定手続き、示談書作成などが挙げられます。
それらの業務の中で多くの行政書士が行っているのが『後遺障害等級認定手続き』だと思います。
事故に遭ってから示談が済むまで、その場その場で重要なポイントがあります。
私はこの『後遺障害等級認定手続き』が、交通事故解決に当たり最も重要なポイントだと思っています。
なぜなら、この『後遺障害等級認定手続き』の結果によって、最終的な示談金額が大きく異なってくるからです。

「お金なんかいらないから事故前の身体に戻してほしい。」
被害者の方とのお話のなかでそういう言葉をよく聞きます。
しかし、現実的な交通事故の解決方法は、最終的には『お金』になります。
厳しい言い方になりますが、後遺症があることは非常につらいことだと思いますが、適切な額の示談金を受け取り、早く事故のことを忘れてしまうべきだと思います。

交通事故に遭われた方は、『後遺障害等級認定手続き』が『重要』だということを、覚えておいて頂きたいと思います。

※なお、この『後遺障害等級認定手続き』は、事故に遭い治療をしていたけれども残ってしまった症状(後遺症)がある方に関係するものです。
治療によって症状が完治したという方は考える必要はありません。
もっとも、『最終的な解決はお金』ということについては後遺症の有無で違いはありません。

行政書士 大澤 泰弘

Pocket
LINEで送る