土地家屋調査士とはどんな仕事?

富澤 英和初めまして、土地家屋調査士の富澤です。

まずはよく聞かれる質問です。

土地家屋調査士とはどんな仕事をする人ですか?

 

実は不動産の表示に関する登記の専門家、土地境界のスペシャリストです。

簡単に表現すると、次のような業務になります。

・土地、建物の所有者に代わって、表示に関する登記の申請手続きをする人

・土地、建物に関する調査・測量をする人

・土地境界に最も詳しい人

 

表示に関する登記とは、「土地や建物がどこにどれくらいあるのか?」

つまり、土地や建物の位置や面積、用途等を登記簿上に明らかにするものです。そして、これを「業」として行うことが認められている資格者が土地家屋調査士です。

登記簿とは、法務局に保管されている公の帳簿のことですが、土地家屋調査士がかかわる登記は不動産の登記簿です。

 

こんな時はぜひお任せ下さい。

土地を買うとき、売るとき

土地の境界がわからずトラブルになることがあります。あなたの大切な財産を守るため、境界標を埋設し、土地境界確定図を作成します。

建物を新築したとき

建物建てたときは、最初に「表題登記」の申請をしなければなりません。表題登記の申請により、どこにどんな建物があり、誰のものかという登記簿が作成されます。

 

不動産の取引には各場面で他の資格者もかかわっていますが、土地や建物に関する相談事は真っ先に不動産の表示に関する登記の専門家、土地境界のスペシャリストご連絡ください。

土地家屋調査士は土地や建物の取引を安全に行えるようにするための業務をしていますので、公正な立場から適切なアドバイスを致します。

次回はあなたの土地をトラブルから守る方法をお話ししたいと思います。

 

土地家屋調査士 富澤 英和

Pocket
LINEで送る