税理士、会計事務所はどんな仕事をしているの?

初めまして税理士の長谷川です。当協会のコラムをご覧頂き有難うございます。

今回は、税理士、会計事務所のお話しを中心にさせて頂きます。

1.税理士とは

税理士は納税者が行う税務署との交渉を代理したり、税金の申告書を作成したり、税金の相談にのる職業です。

税理士と混同される職業に公認会計士という職業がありますが、公認会計士は会社が作成した財務諸表を適正であるかどうかを監査し、証明することを主たる業務とする会計と監査の専門家です。

上記のとおり仕事内容は異なりますが、公認会計士は税理士の業務も行う事ができますので、税理士と公認会計士は混同されがちです。

2.会計事務所とは

税理士事務所、税理士法人、公認会計士事務所、監査法人等の税金、会計、監査の仕事をしている個人、法人を総称して会計事務所と呼ばれており、法律用語ではありません。

3.税務署と納税者の間に立つ仕事

納税は国民の義務とはいえ、「取る側」「取られる側」の対立構造であるがゆえに税務署と納税者の衝突が生じます。

そこで税理士が間に立ち難しい法律を分かりやすく納税者に伝えたり、納税者に代わって税務署に交渉したり、納税者と税務署の緩衝剤のような役割を果たします。

4.会計事務所は「なんでも屋さん」??

医者や弁護士には、病気やトラブルがあって初めて接触されると思いますが、税理士の場合、会社や個人のお客様と顧問契約をして毎月訪問させて頂くのが一般的です。

つまり何のトラブルがなくても定期的に接触しますので、時間をかけて信頼関係が生じ、ありがたい事にさまざまな相談が持ち込まれます。

~会社を設立したい、帳簿のつけ方を教えて欲しい、お金を借りたい、土地を売りたい、保険の相談をしたい、隣家とトラブルが生じた、パソコンの使い方がわからない、ときには息子にだれか良い人はいないか等々、、、~

税金以外の専門的な相談はそれぞれの専門家を紹介しますが、まず初めに相談を受ける事が多いです。

 

税理士の仕事をなんとなくご理解頂けましたでしょうか、つまり税理士は主に税金の仕事をしながら、ときになんでも屋さんのように相談を受けることが多い職業です。

 

私の次回以降のコラムでは、主に税金に関する情報をお届けしたいと思います。

 

■■税理士 長谷川博史

Pocket
LINEで送る