登記をする意味とは? 司法書士の立場から

鈴木 潤司法書士・土地家屋調査士の鈴木潤です。

 

「登記」というものをご存知でしょか?

家や土地を買ったとき又は相続がおきたときに

何か聞いたことがあるな~

といった感じが一般的かもしれません。

比較的知られているその登記は、

不動産登記というものです。

市役所ではなく法務局という場所で管理しています。

他にも商業登記等あるのですが、

今回は登記界ではメジャーな不動産登記について書いてみたいと思います。

不動産登記には表示に関する登記と権利に関する登記があり、

前者は土地家屋調査士、後者は司法書士が担っています。

土地家屋調査士については富澤さんが当コラムで書いておりますので、

私は司法書士の立場から権利に関する登記の効力をご説明します。

 

普段仕事をしていると、登記をする必要がありますか?

というご質問をうけることがあります。

もちろん、必要がありますとお答えをするのですが、何で必要なのでしょうか?

表示の登記と異なり権利の登記は申請の義務がありません。

ということは登記をしなくていいじゃないかと思うかもしれませんが、逆なのです。

本当にしなくていいとなれば誰もしないでしょう。

ですから、権利の登記をした時は特別な効力を与えられるのです。

それが「第三者対抗力」という効力です。

簡単にいうと、他人とその所有を争ったら勝てるチカラです。

 

仮に、Aさんが間違ってBさんとCさんに同じ土地を売ってしまったとします。

BさんとCさんどちらのものになるのでしょうか?

それは先に登記をした方がその土地を所有できるのです。

要するに登記があなたを守ってくれるのです。

ですから、権利の移転があったときは素早く行うことが大切となります。

 

また、登記された情報は誰でも取得が可能ですから、

本当はあの土地は誰の所有なのか?といった情報は公になっていますので、

誤って別の人から買ってしまうといったことは、登記を調べれば防ぐこともできます。

こういった公示機能も登記の大切な要素です。

 

知れば知るほど、意外と便利なのが登記です。

そしていざという時は、あなたを守ってくれるかもしれません。

そんな転ばぬ先の杖みたいなもの、みんなに間違いがなくその存在を示してくれるもの、

それが「登記」です。

 

司法書士・土地家屋調査士 鈴木潤

Pocket
LINEで送る