茨城の相続で不動産の時価を知っておくメリット

不動産鑑定士の佐野俊夫です。佐野 俊夫

現在、相続税増税の流れにある中で、マスコミや書籍などで、さかんに相続税対策の重要性が訴えられています。

相続対策といっても、納税対策・節税対策・遺産分割対策など様々な側面がありますが、遺産の中に不動産がある以上、その不動産の見方・考え方が非常に重要になってきます。

上記のような対策を考えるとき、現預金が今どのくらいあるのか、保険・株・債権などが今現在どの程度の価値あるのか、正確に押さえておく必要がありますが、不動産の現在の価値(価格)もこれらと同様、しっかりと事前に調査して知っておく必要があります。

特に茨城の場合は、資産のうち、現預金より不動産財産額の方が多いというご家族が多く、また、その不動産の分割や処遇が争いの種になるケースが圧倒的なのが現状です。

茨城の相続 ≒ 不動産の相続 というイメージです。

(貯金200万円に対して自宅(土地建物)の価値が1,000万円というケース)

これらの対策にあたっては、まず、お持ちの不動産の現在の正確な市場価値、つまり客観的な「時価」を把握する必要があります。

客観的な時価が分からないと、相続財産全体の価値(金額)も分かりませんし、当然財産の分割も適切にできないでしょう。また、納税対策や節税対策をするうえでも不動産の時価を押さえておかないと効果的なプランニングは不可能になってきます。

また時価は変動するものですから、人間ドックではありませんが、毎年財産価値の診断(見直し)をすることをお勧めいたします。

相続とは予期しない時、突然起きるケースが多いので、大事な方が亡くなられた後で出来ることは限られています。こういった準備がない場合、どうしても親戚間でトラブル発生の可能性が高くなります。

相続の分野でも「予防」の重要性は高まっています。 そのためにも普段からお持ちの不動産を深く理解しておく必要があるのです。

Pocket
LINEで送る