後遺障害等級認定手続きの方法

大澤 泰弘行政書士の大澤です。

前回は後遺障害等級認定手続きが重要だということを書きましたが、今回はこの手続きの方法について書きたいと思います。

後遺障害等級認定手続きには2つの方法があります。
一つは「事前認定」という方法。
もう一つは「被害者請求」という方法です。
それぞれにメリット・デメリットがあります。

 

【事前認定】

事前認定とは、相手の任意保険会社に手続きをしてもらう方法です。
手続き自体は相手の任意保険会社がしてくれるので、被害者の方がすることはほとんどありません。
被害者の方がすることは、病院で「後遺障害診断書」を医師に作成してもらい、それを相手の任意保険会社に提出することくらいです。

〇メリット

メリットは手間がかからないことです。
繰り返しですが手続きは相手の任意保険会社がしてくれますし、被害者の方がすることほとんどありません。
手続きの結果が出るのを待っているだけでよいと言えるでしょう。

〇デメリット

デメリットは相手の任意保険会社はあくまでも加害者の代理人という立場であるということです。
そのような立場にあるのに被害者の為に手続きをしてあげようと思うでしょうか。
そもそも損害があることは被害者が証明しなければいけません。
その証明を相手方に任せるということ自体おかしいと感じます。

 

【被害者請求】

被害者請求とは、被害者自身で手続きをする方法です。
手続きをするには様々な書類が必要となりますが、それらの書類を被害者の方が集めることになります。

〇メリット

メリットは手続きの透明性が高いということです。
先程も書きましたが、相手の任意保険会社は加害者の代理人という立場です。
そのような立場の者に任せることなく被害者自身で手続きを進めていくことができます。

〇デメリット

デメリットは手間がかかるということです。
必要な書類は被害者自身で用意することになりますので、よくわからない名前の書類が出てくることもあるかもしれません。
それらの書類についていちいち調べながら手続きを進めることになるので、時間がかかります。

このように、後遺障害等級認定手続きには事前認定と被害者請求という2種類の方法があり、それぞれにメリット・デメリットがあるということを知って頂ければと思います。

なお、行政書士は被害者請求のお手伝いをすることになります。

行政書士 大澤 泰弘

Pocket
LINEで送る