相続の対象となる財産とは

税理士の長谷川です。

前回は、税理士、会計事務所のお話しをさせて頂きましたが、今回は相続の対象となる財産のお話しをさせて頂きます。

相続の対象となる財産とは

原則として相続の対象となる財産は、被相続人が亡くなったときに有していた財産の全てが相続の対象となります。

例えば、・不動産・現預金・株式・貸付金・特許権 など

これらはプラスの財産で皆さんのイメージどおりかと思います。

他方、注意が必要な点として、プラスの財産に加えてマイナスの財産も相続の対象となってしまいます。

これは包括承継といって、相続では被相続人の財産に属していた一切の権利義務を承継することとされているからです。

それでは被相続人に莫大な借金があり、プラスの財産よりマイナスの財産の方が大きい場合、相続人はどうなるのでしょう。借金を返済できる経済力があればよいのですが、そうでなければ大変です。

そこで相続の放棄というものがあり、その名のとおり相続人が相続を放棄することにより、プラスの財産もマイナスの財産も引き継がないことになります。

最後に

上記のとおり、相続人にとって被相続人の財産、借金などを把握しておくことは大変重要なことです。

そこで、相続対策の第一歩として、プラスの財産だけでなく、マイナスの財産も書き出しておき一覧表のようなもの(財産目録)を作成しておくことをお勧め致します。

Pocket
LINEで送る