境界標はありますか

土地家屋調査士の富澤です。富澤 英和

あなたの土地はどこまでですか?

土地の権利証があるから大丈夫、と思っていませんか?

もちろん権利証は、土地の所有権を主張し、トラブルから守るために、重要な役割を果たします。しかし、権利証があっても、土地を守れないことがあります。

では、どうしたら自分の土地をトラブルから守れるのか?

あなたの土地をトラブルから守るためには、

(1)  境界標

(2)  地積測量図

(3)  登記

の3つが揃っていることが大切です。

 

土地の境界は、あなたが利用できる権利の範囲を表します。登記があっても、境界標がなければ境界がはっきりせず、不要なトラブルを招く恐れがあります。現地に境界標がなければどこまでがあなたの土地なのか第三者はわかりません。自分の土地にきちんと境界標があるかどうか確認しておきましょう。

 

長い間には、境界標がずれてしまったりなくなったりする場合があります。そんな時、地積測量図があれば土地家屋調査士に依頼して境界標を元の位置に設置することができます。

境界標の位置関係をはっきり認識しておくために土地家屋調査士が作成した地積測量図(実測図)を大切に保管しておきましょう。

 

境界標が設置されていて地積測量図が手元にあっても、まだ十分とはいえません。その土地の所有者は誰なのか、所有権その他の権利の有無等を、第三者が認識できる登記が必要です。

 

土地家屋調査士 富澤 英和

Pocket
LINEで送る